スペンツ

2015 年「フラッシュ暗算日本一」 〜 浅野選手とお話ししてみました

その 1. フラッシュ暗算日本一 〜 自己記録のブレイクスルー

浅野選手

浅野 貴広 選手

【ma-.】浅野選手。まずは, フラッシュ暗算日本一, おめでとうございます。


【浅野】ありがとうこざいます。


【ma-.】どうでしょう, 全国の頂点に立った感想は。


【浅野】あの舞台に立った時の気分の高揚は半端じゃなかったです。是非皆さんも, 種目問わず日本一を目指して欲しいと思います。


【ma-.】浅野選手は, どの大会でもどの種目でも優勝しようという気持ちで臨んでいるとは思うんですけど, ズバリ今回日本一を取れると思っていましたか?


浅野選手

表彰シーンが大スクリーンに映し出される

【浅野】もちろん狙ってはいました。でも, まさか本当に, しかもこんなに早くタイトルをとれるとは思っていませんでした。


【ma-.】今回は 1.78 秒という記録で優勝でした。この記録には満足していますか?


【浅野】うーん、もう少し速いタイムで正解したかったというのが正直なところですね。実を言うと練習ではこの 1.78 秒が最高記録だったんですが, 自分はいつも本番になると気分の高揚のおかげなのか自分のマックスより速いタイムで正解できることが多いのでちょっと悔しいです。


【ma-.】本番に強い, これは強みですね。この辺りは, 是非とも後でまた聞きたいと思います。

 ところで, 自分自身フラッシュ暗算は得意だと考えていますか?


【浅野】まぁ、そう思います。正直, フラッシュ暗算は小学生の頃にまだ 3 秒切るか切らないかくらいの練習をして以来, ほとんど練習したことがなかったんですよ。それからは大会本番が練習みたいになってた感じでした。でも、高 1 の 9 月の全道大会の時にいきなり 2 秒を合わせて、高 2 の全日本では 1.95 秒まで合わせて 4 位に入賞。その頃からやはり自分はフラッシュ暗算に向いている選手だと自信を持ち始めましたね。ですが練習する手段, DS のソフトや PC が手元に無かったので, 結局練習はスマホを持ち始めてアプリをダウンロードする大学 1 年の夏までは練習してませんでした。というかできませんでした。ここまでは、昨年の優勝者も同じようなことを言っていましたね。


【ma-.】確かにフラッシュは PC での出題ということで, ソフトを持っていないと練習手段がないってことになりますよね。ソフトを買うにもアホみたいに高いみたいですし。私みたいに自分でソフトを作るしかないんじゃないでしょうか(笑)

 ところで, 全珠連の全日本動画を見ると, フラッシュ暗算の出題中 1 口毎に浅野君の首が振動しています。首, 大丈夫ですか?(笑)


(注)全珠連の全日本動画は こちら から(YouTube のページを開きます)。


【浅野】いや, 大丈夫とは言い切れないですね(笑)。ぶっちゃけめちゃくちゃ疲れます。練習でも首の痛み, コリが酷いときは湿布を首に貼っていましたし。でも, 自分にはあのフォームが合っているみたいでやめられなくなっちゃいました(笑)。どんな選手でもある程度力は入れて計算しているようですが, さすがに動画を見ていて自分でも笑っちゃいましたね。計算終了後の自分の吐息の音がはっきり聞き取れましたし(笑)。


【ma-.】え? 聞こえました?(……と再度動画を見直す)

 ……確かにため息は吐いてますねぇ(笑)。音までは聞き取れませんでしたが。

 ところで, 全日本の1ヶ月前に行われた道央大会で, 1.80 秒という記録でフラッシュ暗算選手権者となりました。それと今回との関係はあるでしょうかね。


【浅野】あると思いますね。全日本で 2 位に何度も輝いた実績を持つ(眞田)美歩さんや若松(尚弘)さんに勝つことが出来たというのが自分の自信になりました。そして, そこから全日本までまだ 1 ヶ月もあるし伸ばせるのでは?と感じていました。


【ma-.】決勝は, その眞田美歩選手とも一騎打ちでしたね。これについては何か思うところはありますか?


【浅野】はい, かなりありますね。今回の決勝は人生で一番緊張したと言っても過言ではないです。まず, 美歩さんと 2 人の決勝になった時に真っ先に頭に浮かんできたのが前日練習の事です。前日, 練習の休憩時間に美歩さんとアプリで勝負してたんです。1.75 秒で勝負してたんですけど, 自分は一度も正解できないのに対して美歩さんは 2 問連続正解してました。これは明日もし美歩さんと決勝になったらやべえかも……自分はそう思っていました。でも、本番でそれが現実になってしまって(笑)

フラッシュ暗算

フラッシュ暗算は, このように表示される
15 個の数字をすべて足し算する競技
(※ 全日本大会の映像ではありません)

 1.85 秒で美歩さんと 2 人に絞られましたが, 1.80 秒まではまだ気持ちが安定していたような気がします。でも 1.75 秒になった時前日の練習の事を思い出してしまって, もうとにかく緊張で視界がスクリーンしかないようなそんな感じでしたね。ただ, 1.76 秒で美歩さんが答えを記入したときはもう試合終了かと思いましたが, 意外にも誤答だったのですぐに気持ちを立て直しました。

 また改めて思ったのは北海道のフラッシュ暗算のレベルは全国でも有数であることですね。今回は自分が優勝となりましたが、美歩さん, 若松さんもいつ日本一をとってもおかしくない選手ですし, 今回のような北海道選手のワンツーフィニッシュはまた近いうちにあるような気がします。


【ma-.】フラッシュに限らず, 北海度のレベルは高いですよね。全日本の個人総合100位以内入賞者の数だけみても, 3 番目に多い地域でした。

 ところで, これは失礼かもしれませんけど, 何か道央大会から突然フラッシュが大得意な浅野君に出会った気がしました。周囲の評判も, フラッシュと言えば若松君か美歩ちゃんかという雰囲気があったように感じていますがどうでしょうか。


【浅野】その通りだと思います。


【ma-.】失礼ながら高 2 の時に 1.95 秒を正解したことがあるなんて知りませんでしたが, 自分の中でブレイクスルーと言いますか, 一気に記録が伸びるきっかけの様なものはあったのでしょうか?


【浅野】結局, きっかけは練習です。

 昨年の秋頃, 一條先生にちゃんと練習すれば読み上げよりも日本一をとれる確率が高いかもしれないぞ, そう言われて, 昨年の冬頃から日本一を目標に大会前はガチで練習し始めました。いえ練習自体は昨年の全日本前から一応少しはやってはいましたが、ほとんどぶっつけ本番に近い感じだったんです。練習した結果, 今年 1 月の北海道選手権ではまだ美歩さんに勝つことはできませんでしたが, 7 月に道央大会で優勝し, 波に乗って全日本で優勝してしまったって感じですね。こんな言い方をしてしまうと何ですが, 正直自分は種目別競技の中では一番フラッシュ暗算が潜在的に向いていたと思っています。日本一を目指し始めてからこんなにも早くとれるとは思っていなかったので。


(注)一條先生とは, 私 ma-. や浅野選手, 眞田美歩選手が現在在籍している珠算塾の先生です(2015 年 8 月 8 日現在)。転勤などの関係から今後在籍珠算塾が変わる可能性があります。


【ma-.】ズバリ, 近い将来ギネス記録を破る自信はありますか?


【浅野】昨年のクリスマスカップで打ち立てられた 1.64 秒ですかね。破りたいですが, かなり難しいし時間がかかると思っています。その間にまた記録が更新されてしまうかもしれませんし。ただ, フラッシュ暗算の練習自体真面目にやり始めて日が浅いし, まだまだ自分は甘いと感じているのでやれるだけやってみようと思っています。


【ma-.】浅野選手自身, 将来的にフラッシュ暗算の記録はどの程度まで伸ばすことができると考えていますか。


【浅野】1.60 秒と言っておきます(笑)。到達できなかったらすみません(笑)。


【ma-.】このサイトを見ている方々に, フラッシュ暗算を得意になる秘訣と言いますか, コツのようなものがあればアドバイスをお願いしたいのですが。


【浅野】自分に合ったフォームといいますか, そういうのを見つけて練習を続けてみてください。また, フラッシュ以外の練習もリンクしてくる面がたくさんあると思うので, とにかくそろばんの練習を続けてみてください。いきなり, 今まではできなかった速いタイムの問題が出来るようになる時が来るかもしれません。


【ma-.】確かにコツコツ努力を続けた結果, 何かのきっかけでブレイクスルーする瞬間があることって, 時々ありますよね。逆に言えば「そんな上手い方法なんてねぇよ!」ってことでしょうかね(笑)


 目次へ < 1 > その 2